黄昏と百合と骨

【大幅改装中】大学生(になっちゃった)中学生の時に開設した暇ブログ。今は暇じゃない。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『グイン・サーガ(1) 豹頭の仮面』 栗本薫



『グイン・サーガ(1) 豹頭の仮面』 栗本薫



ついに手を出してしまった、100巻越えの長編且つ、未完結のまま作者が亡くなり絶筆となったヒロイック・ファンタジーのベストセラーシリーズ、『グイン・サーガ』。


このシリーズの存在を知るきっかけとなったのは、数年前にテレビアニメ化されていたこの作品を母が見ていたことでした。
テレビの画面の中で、豹の顔を持つ戦士が勇ましく剣を振り戦っていた映像は、強く印象に残っています。

ずっと読んでみたいとは思っていたものの、今までに手を出したことのないほどの長編で、しかも結末を迎えないまま止まってしまったその世界に足を踏み入れることはやはり躊躇われました。

しかし特に理由もなく、ただふと読みたくなったので、図書館の開架に眠っていたこの年季の入ったこの一冊を借りてしまったね~このタイミングでね~



ざっと冒頭の様子をば。

美しい王国パロスは隣国ゴーラに攻め滅ぼされた。王家の一族は皆殺しにされたかに見えたが、美しい男女の双児だけが生き残り、死霊の森に逃げ延びる。2人がついに森の中でゴーラの追っ手に捕らえられるかという間一髪の時に、忽然と現れた豹頭の怪人。『グイン』という自らの名前と『アウラ』という謎の単語以外一切の記憶を失ったその豹頭の戦士に双児は窮地を救われ、3人は死霊の森から抜け出し、行動を共にすることになる。




まだ世界は幕を開けたばかりだというのに、躍動感は早くもアクセル全開!ページをめくる手が止まりませんでした。


栗本薫さんの文章には初めて触れましたが、その表現力・語彙力に感服です。
まるで映画を見せているかのように、読み手に情景を色彩豊かに伝える無駄のない言葉選び。作者の迷いを感じさせないスピード感溢れるその文章は、豹人グインの逞しく屈強な英雄っぷりや、『パロの真珠』と呼ばれる美しい双児のみずみずしい感性、阿鼻叫喚に満ちた戦いの激しさや緊張感を、私にありありと伝えてくれました。

まさに、本に頭を突っ込んでいるみたい(笑) とても面白かったです。


今まで敬遠していたのが惜しい(笑) もっと早くグインに出会いたかった。既に彼の魅力にかなりやられてます!とてもかっこいい(`ω´)



絶筆となった最後の1冊まで読み切るのにどれだけの時間がかかるのかは分かりませんが、私は受験生だし、そうでなくともコンスタントに読み続けるのは難しいでしょう。
時間をあけても読み進めていけるように、内容を整理していきたいと思います。



追記にネタバレを含むあらすじをざっとまとめますので、ぜひ読みたい!と思う人は追記は見ないでください(^∀^)





読書ばかりしているようですが、私もようやく最近、
まとまった勉強時間を確保できるようになりました。

今までも「できなかった」のではなく「やらなかった」んだけれど


読書はストレス解消にとても良いんだそうで(世界一受けたい授業では、読書とカレーが一番ストレス解消にいいと言ってました)


勉強にしっかりと打ち込みつつ、
読書の時間は大切にしたいと言ったら、
やっぱり自覚が薄いと言われるのかな?


私はとりあえず今のうちは、
電車の中は、読書タイムという至福の時間に充てることにしましょ。

焦ってないわけではないけれど、
心の余裕も必要でしょう?





窓から、湿っぽい夏の薫りを乗せた風が吹きぬけていく、そんな涼しい夜でした。


1巻あらすじ(ネタバレ注意)


パロの双児リンダとレムスは豹人グインと出会う。ルードの森での死霊との戦いで疲弊した彼らは、ゴーラの戦士に捕えられ、黒死病に侵された生ける屍・黒伯爵の統べるスタフォロス城に囚われる。
そんなある夜スタフォロス城は、猿に似たセム族の大軍に奇襲をかけられる。ゴーラの戦士たちは勇敢に戦ったが全滅に追い込まれた。
囚われていたグインと双児も戦いに巻き込まれ、セム族との死闘を繰り広げる。
一方、城の主である黒伯爵はとうの昔に死霊に食い殺され、成仏できない魂となって城内を彷徨っていた。黒伯爵の身体を乗っ取った死霊はグインにその正体を暴かれ本来の姿を露呈し、セム族との戦いに巻き込まれていった。
それを見て黒伯爵の亡霊は安らかに成仏していく。
塔の頂上に追い込まれ、このまま戦い続けるのは死を意味すると判断したグインは、双児と共に蛮族の蔓延る恐怖の川・ケス川に身を投げた。

(2巻へ続く)
スポンサーサイト

| 栗本薫 | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://dropsandme.blog21.fc2.com/tb.php/5-a4a1c1aa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。