黄昏と百合と骨

【大幅改装中】大学生(になっちゃった)中学生の時に開設した暇ブログ。今は暇じゃない。

2015年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

学童バイトをすることになった話



学童バイトをすることになった。

夏休み限定で、わずか1か月ちょっとの間だけど。

今日の面接で即採用だった。時間をかけて丁寧に履歴書を書いたけど、大して見られてもいなかったと思う。
「字、綺麗だな~と思ったら、資格もってるんですね!」 内容について突っ込まれたのはそれだけ。

800円も払ってわざわざ証明写真撮ったのに、それすらなくてよかったんじゃないか? と思う。
直前に駆け込んだからTシャツで撮っちゃったよ。動きやすい恰好で来い言うから。他の履歴書に使えないわ。
てか証明写真1枚しかいらないから100円くらいで撮らせてくれよ、自分のアホ面8枚入りの1シート要らんわ


そんでもって
正規保母さん(?)の面接担当さんと顔合わせて10分で来週の出勤日が決まった。


面接の時間は13時30分。


チャリンコで10分以下の家についたのは17時頃。


早速ちびっ子と触れ合ったよ~(V)o¥o(V)
※お給料は出ません

合法的に幼女たんショタたんとキャッキャウフフできるよ(V)o¥o(V)
やめて通報しないで





実際普段から青少年に有害な発言の多い私が学童の先生という身分になることについていろんな心配や不安があるよね。

でも私、性根は面倒見のいい育ちのいいお姉さんだから。ノープロブレム。



出身小学校の直近の学童なので、子供たちはみんな私が出た小学校に通っている子達なわけで。

自己紹介でそのことを言ったので、既に子供たちの心を掴みかけることができたかな(*'ω'*)
自己紹介した途端に子どもたちにたかられたよ、ペロペロ




昔は子供苦手だったのに、今日はもう全然抵抗ない、というか、こどもっていいなあ、かわいいなあ、と思うようになった。(年とったな)

いやあ、こどもたちはまさにイノセント、っていうか、いい意味で自己中心で、大人が持っているような要らない恥じらいとか余計な虚栄心とかなくって。本当に素直でまっすぐで、だから大人は子どもに対しても憧れに似た感情を抱くのかな。

子どもが大人に憧れるのと同じような感じで。
(まあそこには絶対に巻き戻せない時間に対する哀愁はないんだけど)


おやつの時間、最初に決められた班に分かれて座って配膳を待つわけです。
今日のメニューはサンドイッチと乳酸菌飲料、ポテトチップスコンソメパンチ。

子どもたちはず~っとキャッキャウフフドタドタバタバタガハハガハハまあそれはそれは騒がしいわけです。
しかしここで魔法の一言!!!

先生「ちゃんとしてる班から呼びますよ~」

背筋ピッ!!!!


こういうところが子供の魅力ですよね!!!!!!!!!!!!!



来週の火曜日に初出勤ということで、子どもと遊ぶための勉強も少ししておこうと思います。
楽しい夏の思いでの1ページになりますように。



今夏の目標: 1名以上のショタたんに「おれ、大人になったらセンセイとケッコンする!!!」と言わせる。



……通報しないでください( ;∀;)





*TSUGUMI
スポンサーサイト

| 偶然に溢れた日常 | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。