黄昏と百合と骨

【大幅改装中】大学生(になっちゃった)中学生の時に開設した暇ブログ。今は暇じゃない。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『16歳。死ぬ前にしてみたいこと before i die』 ジェニー・ダウンハム



『16歳。死ぬ前にしてみたいこと before i die』ジェニー・ダウンハム




末期癌に侵された16歳の女の子が余命数ヶ月で亡くなるまでの物語。
死ぬまでにやりたいことのリストを実行しながら「生きてる」素晴らしさを実感する主人公の様子は、今日生きてることが当たり前で、どことなく惰性化した時間を過ごしている私なんかよりよっぽど生命力に溢れていた気がしましたね。だからって「生きてるだけでありがたい」と思えるほど私はまだ人生を達観できていない。とりあえず精一杯やることをやりましょう。ということで。久々に重い話を読みました。


余談だけど、メグ・キャボット作品で私にはもうお馴染みの代田亜香子さんの翻訳はとても読みやすい。若者言葉が絶妙に使われていてアメリカンティーンズの気持ちがダイレクトに入ってくる。
やっぱり外国語文学に触れるうえで、翻訳者のコトバ選びの巧さはものすごく重要だと思いますね。うん。
スポンサーサイト

| ジェニー・ダウンハム | 08:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。